ドレインと

「先生が甘やかすから、ますますいい気になってのさばるんじゃない」と、僕に文句を言ってくる看護婦もいたし、Iさんの訴えを、「まともに聞いたらばかを見る」と無視する医師も多かった(そのくらいなら最初から入院させなきゃいいのに)。けれども僕は、Iさんのベッドに行くのが好きだった。医者や看護婦の裏話も楽しかったが、何よりもIさんの語る本音を聞くことは、新米の僕にとって、とても良い勉強になった。医者に本音を語ってくれる患者は意外に少ないのである。Iさんの、病院や医師たちに対する歯に衣着せぬ訴えや批判は公痛烈ではあるが、その実いつも深く考えさせられるものがあった。それはIさんが、僕たち医療関係者に、ただ単に文句や恨みつらみを言っているだけではないからだ。上っ面でない、患者としての真の気持ちを語ってくれるからである。第一章鰯脱サラ研修医がやってきたちょっと聞くと乱暴で挑戦的なIさんの言葉の根底には、実は僕らひよっこ医者を見守る温かい気持ちが流れている。なんとか一人前の、患者と向き合える、患者の気持ちがわかる医者になってほしい、という願いが込められているそう僕は感じる患者の立場から病院の姿をずっと見続けてきたIさんは、人と人との交わりの基本、そして医療の基本のなんたるかを、彼なりのやり方で僕らに伝えようとしているに違いない。

六0年代前半のアメリカでは、反体制運動と結びついたプロテスト巻き起こしたブギの大流行は、戦争からの解放感のあらわれとみるはかなかろう。空襲でスタジオなどを失う打撃。0年代には、地方のヘルス・センターを主舞台として細々と演じられるにすぎないまでに衰微した。しかし、一九八三年(昭和五七)、東京の梅沢富美男がO年ヲ」ろにはなんとか態勢をとテレビ・ドラマに出演し、「下町の玉三郎しとしてマスコミの脚光をあびて以来、身近な娯楽として再評価され、新たな観客を獲得し、今日におよんでいる保養地にあるヘルス・セをこうむったレコード会社も五、七0ンターやホテルを拠点に。Oの劇団が活動している公演形態は公演先によって変わるが、関西での劇場公演を例にとると、劇団幹部や花形が主演まえきょうげんする前狂言、座長が主演するき句きょうげん切狂言、歌謡・舞踊ショーのとのえ、アメリカの新しい音楽がレコードを通じて紹介されるようになった。

後は推して知るべしであり、ジョルジュ・バタィュ、マルキ・ド・サド、レィモン・ラディゲ、ジャン・ジュネなどのフランス派が手本だから、翻訳で読んだ三島がどう受け止めたかくらいは、私にはおよそ見当がつくのですけれど。彼の仏訳を出したパリのガリマール書店の、グルーーエ編集顧問が三島の作品に対して、「一島は日本で著名らしいから」と言った話は有名ですよ。また、オスカー・ワイルドやノーマン・メイラーのような英語圏の作家の作風を手本に、三島なりに努力したのは確かだが、「出藍の誉れ」に達したかどうかは、英文学では駆け出しの私には何とも言えません。三島は日本で有名なことは確かですが、世界のレベルでは長生きしたラディゲだと言え、好事家の間で評価されるタイプの作家です。『指輪』や『黄昏』のワグナーにしても、世界的に有名であるのは事実だが、作品が好事家の趣味の問題に属しており、その点はニーチェも指摘しています 第四章東西融合文明の発生学よ○また、日本ペンクラブの会長だった功績で、ノーベル文学賞をもらった川端康成にしても、繊細な文章を書く腕は確かにもっていたが、晩年は文学的に行き詰まっており、気の毒な最期は大宰治と共通なものがあります。

米国の法律家が日本のアンチダンピング法を研究しなければならない時代が来るのであろうか。第節世界貿易機関(WID)WTO(世界貿易機関WordTradeOrganization)は、ガット(GATT;GeneraAgreementonTariffsandTrade「関税及び貿易に関する一般協定」)のウルグアイ・ラウンドにおいて設立が合意され、99年月に採択された「世界貿易機関を設立するマラケッシュ協定」(WTO協定)に基づき、995年月日、本部をジュネーブに置き国連関連機関として発足した。WTOは、戦後50年をへてガット体制の限界が見え、世界貿易のための新たな枠組みを構I86 第章アンチダンピング法とWTO築するために設立された。電界貿易における保護主義の動きに対応して、自由主義貿易体制を維持強化するためと、サービス貿易や知的財産権などの技術貿易の比重の増大に対応することを目的とす三9これにより第次世界大戦後、加盟国間の自由貿易実現を目指して世界の貿易の枠組みを支えてきたガットは、残務整理終了まで法的には存続するが、実質的には発展的に解消したことになる。